今日は身近にある危険な物質について取り上げたいと思います。

皆さんはDHMOという物質をご存知でしょうか?

ご存知のない方にどの様なものかご説明します。ジハイドロゲンモノオキサイドと言います。
これは無味無臭の物質です。
産業や軍事でも大量に消費されるようになってきました。

DHMOは毎年多くの人間を死に至らしめます。

DHMOは、死に至るほどの火傷の原因になることもあります。また吸い込むことにより呼吸困難となり窒息する恐れもあります。また多くの物質を溶かしてしまう性質もあります。場合によっては災害を起こします。

がん患者の細胞を調べると全ての人にDHMOが含まれていることが分かっています。
また原子力発電所から大量に放出されたり、地球温暖化にも影響があると言われています。

またDHMOは深海の生物や奥地の動物等多くの生き物の体内からも検出されてます。

これほど危険な物質が実は何の規制されることもなく一般家庭に必ず存在しています。

なぜ知らない人がいるのか?規制を望む声は無いのか?


さて、ご存知の方もいらっしゃると思われますがDHMOは化学式でH2Oと書きます。
そう、水なんです。
上記に書かれた危険性に嘘はありません。しかしその一側面だけを取り上げ印象的に書きました。
どの様な印象をもたれたでしょうか?

世の中にあふれる医療情報には、極端な側面をピックアップして誇張したものも少なくありません。
良い側面だけをピックアップしたもの、悪い面だけ、また一部を誇張したものと様々です。

今現在の医療に於いて一般的には知られない「特別」なものはそうありません。

デマなどや誇張されたものに影響を受けずに「あたりまえ」をしっかりと受け入れて健康を維持しましょう。